15.10.18
第21回 きみまち二ツ井マラソン
会場
秋田県能代市二ツ井町 総合体育館スタート・ゴール
写真1 1998年の大会に招待して頂いて以来、17年ぶりに参加しました。全国各地の大会から声をかけてもらい、多くの大会に参加していますが、連続して参加している大会を除き、ある程度の期間が経ってから、また呼んでもらうことは少なく、今回は珍しいケースです。以前訪れた頃は、多くの大会に出ていたので、各地の大会に参加しても、走ることで精一杯で、町の景色や食べ物などを楽しむ余裕はなかったですね。唯一、コース沿いの川を覚えているくらいでした。久しぶりに訪れた二ツ井町でしたが、今は合併され能代市になり、以前泊まった宿はなくなり、新しい体育館ができてたり、と変わったことも多々ありますが、川の風景だけは変わらずにそのままで、懐かしさもあり、感慨深いものがありました。土曜はランニング教室、日曜は10kmにゲストラン。両日とも天気がよく、色づき始めた紅葉も楽しめ、名物のきりたんぽ鍋や馬肉を頂いたり、存分に二ツ井を満喫しました。
写真2マラソン大会は「きみまちの里フェスティバル」の一環として開催されていて、大会会場は、凄く盛り上がってました。物産店で野菜や魚介類など、屋台で比内鶏焼鳥や馬肉焼など地元の色々な名物が売られていて盛況でした。また地元高校生のブラバン演奏やダンスなどが披露されたり、餅つき大会があったり、と盛り沢山。なかでも秋田名物の竿燈は圧巻でした。私自身、生で見るのは初めてだつたので、ゲストという立場を忘れて最前列で興奮して見てました。マラソン大会参加者は2,000人弱ですが、フェスティバルには2日間で12,000人以上が来場したそうです!なので、会場近辺にはランナー以外の方も常に大勢いて、応援はもちろん、大会上位の表彰式の時も、多くの人達がいました。大会によっては走り終わると帰る人が多くて、せっかくの表彰式なのに閑散としていることも少なくありません。今大会で入賞した方達は、大勢の観客の中で気分よかったのではないでしょうか。本当にお祭りの中で走っている気分でしたが、走る以外でも楽しく過ごすことができるので、こんな大会もいいですね。
新版「ゆっくり走れば速くなる」
新版
ゆっくり走れば
速くなる

- 好評発売中 -